TOP

ネルマガ 利用規約
この利用規約(以下「本規約」といいます)は、株式会社ネルケプランニング(以下「当社」といいます)が提供する公式メールマガジン「ネルマガ」配信サービス(以下「本サービス」といいます)の利用条件等について定めたものです。
本サービスのすべての利用者(以下「お客様」といいます)は、本規約の全条項をお読みいただき、ご同意いただいた場合にのみ、本サービスをご利用いただくことができます。
また、お客様が本サービスの利用申し込みを行われた場合には、その時点で本規約にご同意いただいたものとみなします。
なお、未成年の方は、本規約について親権者等の法定代理人の事前の同意を得た上で、本サービスをご利用ください。

第1条(適用範囲)
本規約は、当社が提供する本サービス及びこれに付帯関連するサービスのすべてに適用されるものとします。

第2条(本サービスの内容)
本サービスは、当社に関連した舞台公演・サービス・商品等に関する情報を記載したメールマガジン(以下「本メールマガジン」といいます)を、定期または不定期に、受信を希望されるお客様に無料で配信する電子メールサービスです。

第3条(本サービスの利用)
  1. お客様は、お客様自身の自己責任において本サービスを利用するものとします。
  2. 本サービスをお客様がご利用される場合、お客様自身の責任と費用負担により必要な端末機、通信サービスへのアクセス手段等を用意し、お客様自身がそれらを適切に設定、操作する必要があります。
  3. 本サービスの利用に伴い発生するパケット料金(通信料金)については、お客様のご負担とし、当社は一切負担しないものとします。
  4. 当社は、本サービスについて慎重に開発、運用をしますが、お客様が本サービスの利用に際して行った一切の行為、その結果及び当該行為によって被った損害について、何らの責任も負わないものとします。
  5. 本メールマガジンから外部のウェブサイトやコンテンツ(以下「外部コンテンツ」といいます)に対するリンクを提供している場合があります。この場合において、外部コンテンツが当社以外の第三者の運営によるときは、当社は外部コンテンツについては責任を有せず、また外部コンテンツに起因又は関連して生じた一切の損害について、賠償する責任はないものとします。

第4条(会員登録)
  1. 本サービスのご利用に際しては、本メールマガジンの会員登録が必要になります。登録手続きは、お客様が登録フォームに入力、また登録用メールアドレスに対し空メールを送信するなど、お客様ご本人自身が自己のメールアドレスを送信することによって、行うものとします。
  2. 理由の如何を問わず、会員登録の未完了によりお客様に生じた損害について、当社は、何らの責任も負わないものとします。

第5条(個人情報の取扱い)
  1. 当社は、前条の会員登録その他のお客様の同意に基づき取得した個人情報を、次の各号の利用目的の達成に必要な範囲内において利用いたします。
    ①本メールマガジンの配信
    ②当社及び当社関連公演の共同主催者等の提供するサービス・イベント・商品等のご案内
    ③本サービス及び当社に関する問い合わせ、申込み等に対する受付、確認及び連絡
  2. 収集した個人情報は、法令等により求められまたは認められた場合を除き、お客様本人の同意を得ることなく、第三者に開示・提供することはいたしません。ただし、データを統計的に処理し個人を特定できない形で公表することがあります。また、業務の効率化を図るため、個人情報を取扱う業務の一部を第三者に委託する場合があります。この場合は、業務委託先と個人情報の取扱いに関する契約等を締結し、個人情報の安全管理のための必要かつ適切な管理・監督を行います。
  3. 個人情報の開示等の請求及び苦情等のご相談並びに当社のプライバシーポリシー(個人情報保護方針)については、以下URLをご参照ください。 https://www.nelke.co.jp/privacy.html

第6条(お客様による会員登録解除)
  1. お客様は、随時本メールマガジンの会員登録を解除できるものとします。本メールマガジンの配信停止を希望される場合、登録解除ページから登録済みの自己のメールアドレスを送信することにより、会員登録を解除するものとします。
  2. 前項にかかわらず、配信解除手続き後も、既に配信準備を行っている本メールマガジンについては、配信される場合があります。

第7条(禁止事項)
お客様は、本サービスの利用にあたって、以下の行為又はそのおそれがある行為を行ってはならないものとします。
  1. 他のお客様、当社又は第三者に不利益又は損害を与える行為
  2. 公序良俗に反する行為
  3. 法令に違反する行為
  4. 本サービスに関連して営利を追求する行為
  5. 本サービスの運営を妨害する行為
  6. 本メールマガジンの配信サーバに対し不正アクセスを試みること、意図的に不正な指令を与えること、高負荷をかけること、その他インターネットの通信システムを妨害し、またこれを混乱させるような行為
  7. 本サービス又は当社の信用を失墜、毀損させる行為
  8. 本サービスを通じて入手したすべての文章、音声、画像、映像、イラスト等の著作物について、著作権法で認められた私的利用の範囲を超えて、当社の許諾無く、複製、公衆送信、上映、展示、譲渡、貸与、頒布、出版等の利用行為、改変、翻案、翻訳又パロディ化等の行為及びウェブサイト、SNS、Eメール等の手段で不特定多数に配信する行為
  9. その他、当社が不適切と判断する行為

第8条(当社による会員登録解除)
当社は、以下に該当する場合、お客様の会員登録を解除し、本サービスの提供を終了することがあります。
  1. 本規約に違反した場合
  2. 登録されたメールアドレスに対して3回連続で配信不能だった場合その他登録されたメールアドレスが機能していないと判断される場合
  3. 不正に入手または生成したメールアドレスを利用して登録した場合
  4. 第三者になりすまして登録を行った場合
  5. 第三者が本人になりすまして登録を行ったと判断される場合
  6. メールアドレスが第三者に利用され、登録した覚えがないのに本メールマガジンが届いた等の苦情が届いた場合
  7. その他、登録を継続する事が不適当と判断する行為、事情があると当社が判断する場合

第9条(知的財産権等)
  1. 本サービスに関する(本メールマガジンによって提供される文章、音声、画像、映像、イラスト等のすべての著作物、肖像、キャラクター、マーク等を含む、本条以下同じ)一切の権利(所有権、特許権・著作権等の知的財産権、肖像権、パブリシティー権等)は当社又は当該権利を有する第三者に帰属しています。
  2. お客様は、当社又は第三者の有する所有権、知的財産権、肖像権、パブリシティー権等、本サービスに関する一切の権利を侵害する行為をしてはならないものとします。
  3. 本条の規定に違反して権利侵害等の問題が発生した場合、お客様は、自己の負担と責任においてかかる問題を解決するとともに、当社に何等の迷惑又は損害を与えないものとし、仮に当社に損害を与えたときは、当社に対して当該損害のすべてを賠償していただきます。

第10条(本サービスの停止・変更・休止・廃止)
当社は、理由の如何を問わず、お客様に事前の通知及びいかなる補償をすることもなく、本サービスの全部又は一部を停止、変更、休止又は廃止することができるものとします。当該停止等によって、お客様又は第三者に損害が生じた場合であっても、当社は、何らの責任も負わないものとします。

第11条(本規約の改訂)
  1. 当社は、当社の判断により本規約を改訂することがあります。
  2. 本規約の改訂にあたり、当社は、お客様に対し個別の通知は行いません。
  3. 本規約の改訂後に本サービスをご利用された場合は、改訂後の本規約にご同意いただいたものとみなします。改訂後の本規約にご同意いただけない場合は、直ちに本メールマガジンの会員登録を解除してください。

第12条(免責)
  1. 当社は、本サービスに係る情報のすべてについての正確性、安全性及び有用性を保証するものではありません。本サービスに係る情報によりお客様又は第三者に損害が生じた場合であっても、当社は、その損害について何らの責任も負わないものとします。また、本サービスに係る情報がお客様若しくは第三者の権利を侵害し、又は当該権利侵害に起因して紛争が生じた場合であっても、当社は、その侵害及び紛争について何らの責任も負わないものとします。
  2. お客様の端末機環境又は通信環境等その他の理由によっては、本サービスが正常に利用できない場合がありますが、これによりお客様に生じた損害について、当社は、何らの責任も負わないものとします。
  3. 本サービスを利用するにあたってお客様の端末機がコンピュータウィルス等に感染し、お客様に損害が生じた場合であっても、当社は、何らの責任も負わないものとします。
  4. 本サービスへのリンク又はアイコンが設定されている他のWebサイト等は、各Webサイト等の運営者が提供するものですので、お客様ご自身の責任でご利用ください。当該Webサイト等の内容及びその利用によりお客様又は第三者に損害が生じた場合であっても、当社は何らの責任も負いません。

第13条(協議・管轄裁判所・準拠法)
  1. 本サービスに関連してお客様、当社ないし第三者との間で疑義、問題が生じた場合、その都度誠意をもって協議し、解決を図るものとします。
  2. 前項の協議によっても疑義、問題が解決しない場合、当該紛争については、東京地方裁判所又は東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。
  3. 本規約の準拠法は、日本国法とします。